スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

フィラメント

夜の虫が目をさます
早く家に帰ろうか
……か

フィラメント―漆原友紀作品集
漆原 友紀

講談社
2004-09-22

蟲師 (1)  アフタヌーンKC (255)
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

おすすめ度 

志摩冬青(しまそよご)名義の短編集「バイオ・ルミネッセンス」(絶版)に、
新作二編を加えた漆原友紀先生の作品集。蟲師好き必見!
感受性を養いつつ、読むのが吉。

○新作二編
"岬でバスを降りたひと"が印象的。この話が一番好きです。
"迷宮猫"も切ない読後感がイイ。

○『バイオ・ルミネッセンス』より抜粋・再編集
読みたくても読めなかった(絶版で)作品集が読めて嬉しいです!
蟲師以前の作品です。少女漫画みたいな絵・コマ割ですね。絵が西炯子に近い?
"小景雑帳"は、4ページ程のショートショートのような二・三話を、
童・夜・夏・伽のタイトルでまとめられてます。
少年時代の憧憬、暑い日差しを感じました。日常と非日常の境を見た気がします。
宮沢賢治の世界観が好きな人もぜひ読んでみてください。

"化石の家""雪の冠""Mar・man"はちょっと長めの物語。
少女漫画っぽい。実際Mar・manは少女まんがに投稿したものだそうです。

蟲師の前身である"虫師"も二編載ってます。

とにかく絵が違うのにビックリしました。新作二編はいつもの絵なんですけど。
こういう絵も描けたのか~、と。意外だ……。
しかし、物語の根底に流れるものに同一のものを感じました。
蟲師が好きな人は読むべし!


【関連記事】---------------------------
蟲師 1蟲師 2蟲師 3蟲師 4蟲師 5蟲師 6蟲師 7

2005.10.09 21:51 | [オススメ漫画]青年誌 | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://lifelog.blog7.fc2.com/tb.php/92-9759a679

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。