スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

屍鬼 2

死は誰にとっても酷いことなのよ


屍鬼 2 (2) (ジャンプコミックス)屍鬼 2 (2) (ジャンプコミックス)
(2008/07/04)
藤崎 竜/小野 不由美

商品詳細を見る

屍鬼 1 (1) (ジャンプコミックス)


オススメ度 : ★★★★☆

ジャンプスクエアで連載中。1巻と2巻は同時発売でした。

2巻は、結城夏野編 第惨(さん)話・第死(し)話と、
サイドストーリー~村迫正雄の一日~が掲載されてます。
ポスター(清水恵)あり、あとがき漫画なし。
左から、1巻2巻と並べると、背表紙の血痕が繋がる……。
巻が増すごとに血痕が広がっていくんだろうな~。
ミステリアス少女・桐敷沙子(すなこ)が表紙です。
やはりゴスロリ系がよく似合いますね~。
周りに卒塔婆。そういえば、1巻の夏野はモミの木に囲まれてるんですね。
夏野は“村”の象徴に囲まれ、沙子は“死”の象徴に囲まれてる。ということかな?

原作との相違点がありますが、総合的にはよりドラマチックになってると思います。
■追加シーン
・徹と夏野の出会い。……夏野のツンが増しているw
・徹の恋心。……律子に片思い! なんかホッとしました。そして楽しみが増えた。
・夢(?)の中の清水。……ベッドの下からこんにちは! 怖ぇ~!
■減ったシーン
・夏野が母からの置手紙を読み、ブラックジョークだと思うシーン。……ちょい残念。


1巻もそうでしたが、
夏野編と銘打ってるけど、視点が尾崎や静信に飛ぶので、
少し散漫な印象を受けてしまいます。
だから、ほぼ視点が正雄に固定されたサイドストーリーは雑誌掲載時も、
非常に読みやすく、分かりやすい印象を受けました。きれいにまとまってます。

時系列順もいいけど、夏野編は夏野とその周辺だけで話をすすめて、
時間をさかのぼって尾崎編をすればよかったのに……。とちょっと思ってしまいます。


【関連記事】---------------------
屍鬼 1//
屍鬼(小野不由美)

2008.11.22 13:56 | [オススメ漫画]少年ジャンプ系 | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://lifelog.blog7.fc2.com/tb.php/176-a021512e

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。