スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

WORLDS

シャドウランド      
  影  の  国 へようこそ!


Worlds―藤崎竜短編集 Worlds―藤崎竜短編集

藤崎 竜 (1992/07)
集英社

この商品の詳細を見る(Amazonへ)


おすすめ度 ★★☆☆☆

藤崎竜先生、短編集第一弾にして、初の単行本。
おすすめ度が低いのは、正直「封神演義」が好きな人にはあまりおすすめできません。
まったく印象が違うから。
けど、フジリュー好きなら、絶対一読の価値あり!と断言できます。

5つの短編が収録。
 ハメルンの笛吹き
 WORLDS
 TIGHT ROPE
 SHADOW DISEASE
 SOUL of KNIGHT


断崖絶壁(あとがき)もあるし、作品に対するコメントも1Pずつあります。
フジリュー自画像(星型の)がなんかちょっと怖くていい感じw
ハメルンWORLDSが、グロい。
ハメルンは一コマ目から死体だし。何度読んでもよく分からない。私の読み込みが浅いせい?
表題作のワールズも、話は面白いけどキツイ。ダーク系。


タイト・ロープは、近未来SFな感じ。
ロボットの自我、人の在り方、を考える。テーマは"自由""愛"。
キャラが伸び伸びとしててイイ! 3人組の旅をもっと見てみたかった。
賢者ヨオキは、Waqwaqの賢者ヨキではないか、とまことしやかに(ネット上で)ささやかれてるぐらいなので、
Waqwaqのヨキ好きな人は必見、かもしんない。
世界観もWaqwaqに少し受け継がれてるので、Waqwaq好きはやはり読んどくべきです!


シャドウ・ディジーズが、この巻で一番好きだ!
日常から非日常へ。
若き日のフジリューだからこそ、描けた作品だと思う。
ブラックなのもイイ!!


ソウル・オブ・ナイトは、楽しい! 剣と魔法ありのファンタジー!
悪の魔法使いの陰謀で、王である父を殺され、国を乗っ取られ、
幽閉された悲劇のヒロイン、ミルキイユ王女!
……のはずが。
そのお転婆な性格のせいで、前半では悲劇性皆無。
むしろヘタレた騎士フィルとドタバタ漫才を繰り広げ楽しそうだw
とはいえ、後半ではきちんと王女としての威厳や、フィルも騎士道精神を見せてくれた。
ラブ要素はなくてもよかった気がするけど、まぁ良し。
持つべき者が持てば、水のように透き通る剣というアイテムも素敵!
あと、デザイン的な面で、「封神演義」の申公豹の前身がいる!?


と、そんなわけで、藤崎竜先生の原点ここにあり! フジリュー好きな人にオススメします!!

2006.07.12 23:36 | [オススメ漫画]少年ジャンプ系 | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://lifelog.blog7.fc2.com/tb.php/154-3d6ba5d2

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。