スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

王様の仕立て屋 9

まず一つ 男は「背景」に徹する事
それを踏まえて第二に 女性を自由にする事
最後に 「女性を守る」という姿勢

つまり 男の価値は女性を輝かせることで決まる

王様の仕立て屋~サルト・フィニート~ 9 (9)王様の仕立て屋~サルト・フィニート~ 9 (9)
大河原 遁

集英社 2006-03-03

王様の仕立て屋~サルト・フィニート~ 8 (8) 王様の仕立て屋~サルト・フィニート~ 1 (1)

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


おすすめ度 

スーパージャンプで袋とじだった
"悠と作者によるデートで女心をゲットするコーディネート"も掲載。
カラーじゃないのが残念ですが、知っておいてほしい知識が詰まってます。
男性諸氏は参考にしてはいかが?

 オリベたちが日本で、ハゲやらクールビズやら柔道着やら難題をこなしてる間に、
 ジラソーレ社フィレンツェ本店とペッツオーリ社が業務提携のために動きが……。

日本編とイタリア組が同時進行なので、ちょっとごたごたしてます。
ラウラメインの番外編も掲載されてます。
本来ならオリベのお客・カモッラ(ナポリの暴力団)の親分さんからモーニングの注文。
オリベは日本にいるので電話だけの登場です。ラウラの扱いは心得ているw

"鬼の内股"では、柔道家のスーツがジラソーレ社の仕立て服でした。
1巻でのオリベから得た技術をさりげなく使ってていて地味に感動しました。

レギュラーになりそうな新キャラも登場。フィレンツェ本店組・サンドラベアトリーチェ
この2人の美女がオリベをジラソーレ社に引き込もうとしてます。
オリベ大迷惑。きっと女難の相が出てますねw

ベアトリーチェの強い押しに負け(?)、とりあえず舞台は日本からイタリア・フィレンツェへ。
短かったな、日本編。もうちょっと日本の服飾文化とか見たかった……。

キャラが増えて賑やかで、複雑になってきました。
これからどうなる? ブランド店のペッツオーリ社とジラソーレ社、
そして、場末の職人ユウ・オリベ! 次巻もオリベの活躍に期待します!


【関連記事】---------------------------
王様の仕立て屋 1王様の仕立て屋 2王様の仕立て屋 3王様の仕立て屋 4
王様の仕立て屋 5王様の仕立て屋 6王様の仕立て屋 7王様の仕立て屋 8//
王様の仕立て屋 10

2006.03.14 00:43 | [オススメ漫画]青年誌 | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://lifelog.blog7.fc2.com/tb.php/120-d64cabfa

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。