FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

マンガ嫌韓流

韓国の良いところも悪いところも含め
もっと知らなくては!
そこから真の日韓友好が始まるんだ!!


マンガ嫌韓流
山野 車輪

晋遊舎
2005-07
売り上げランキング 1

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


おすすめ度 

韓流ブームに乗って、アンチ韓流の漫画なのかと勘違いしてました。全然違いました。

帯には"だから僕らは韓国が嫌いだ"とインパクトのあるセリフが書いてありますが、
実際の趣旨は、上記の引用文の通り、"もっと知らなくては!"であるように思います。
正直、この漫画読むまで、全然知らなかった話がほとんどでした。
すぐ近くにある国のことなのに、知らなかった自分が恥ずかしいです……。

文字量多めですが、絵やキャラがいいので読みやすかったです。
在日の光一くん、性格いいとは言い難いけど、なんか憎めない系のキャラでしたw

双方の歴史や文化、国民性、いろんなことが絡み合って今の日韓がある。
「冬ソナ」や韓国ドラマが好きな方も、ぜひ読んでみてください。
"真の日韓友好"の為にも。


よく出版できたな~。作者・出版社に心から拍手!
スポンサーサイト

2005.08.22 21:17 | [オススメ漫画]その他 | トラックバック(2) | コメント(0) |

夕凪の街 桜の国

あれから十年
しあわせだと思うたび 美しいと思うたび
愛しかった都市のすべてを 人のすべてを思い出し
すべて失った日に 引きずり戻される
おまえの住む世界は ここではないと 誰かの声がする

夕凪の街桜の国
こうの 史代

双葉社
2004-10

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


おすすめ度 

8月6日に寄せて。
何と言えばいいのか私には言葉が見つかりません……。
とにかく読んでください。

  昭和三十年。
  灼熱の閃光が放たれた時から十年。
  ヒロシマを舞台に、一人の女性の魂が
  大きく大きく揺れた。

  最もか弱き者たちにとって、
  戦争とは何だったのか、
  原爆とは何だったのか…
  著者渾身の問題作!


"夕凪の街"は、原爆から10年後の昭和30年、ある女性の話。
"桜の国"(一)は昭和62年、(二)は平成16年、姪の話。
総ページ数は103ページと薄い漫画ですが、内容は濃いです。深く考えさせられます。
読み返して、桜の国(二)でおばあちゃんが持ってるのが皆実の髪留めだと気づきました。

"何度夕凪が終わってもこの話は終わらない"
その日から60年経った今でもまだ苦しめられている人々がいると思うと、
胸が締め付けられます。

More ...

2005.08.06 22:04 | [オススメ漫画]その他 | トラックバック(4) | コメント(2) |

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。